【子猫】 ご飯をあげるうちに信頼関係を結んだ猫。そんな彼女がある日、自分の子猫を連れてきて…『うちの子を任せた』

近所の野良猫たちのケアを続けていた女性は、ある日バルコニーで1匹の子猫を見つけました。

どうやらご飯をあげている猫の内の1匹が、自分の子どもを連れてきたようです。

 
母猫は家の中へは入ろうとしなかったため、ベッドを作ってあげましたが…

 
そこに長く留まることはなかったと言います。

託された子猫

しばらくすると彼女は子猫を女性に託し、それ以来戻ってくることはありませんでした。

 
女性は子猫を家の中に入れ、母猫代わりに24時間体制でケアを始めます。

 
フルーフィと名付けられた子猫は、新しい家がとても気に入った様子。

 
女性と共に暮らす2匹の犬や猫達とも、無事に仲良くなれました。

関連:【子猫】車のタイヤの中で生まれた6匹の子猫。母猫が姿を消してしまったため、心配になった優しい人たちは…

新しい家族とともに…

心優しい女性になら、子猫を任せても大丈夫と思ったのでしょう。

その後も、母猫が訪ねて来ることはなかったそう。

 
彼女の意思を受け継いだ女性によって、大切に育てられているフルーフィ。

これからも新しい家族と一緒に、楽しい思い出を重ねていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ