【子猫】 前足にマヒを抱えた子猫は…障害に負けず、優しい里親のもとで可愛い「おしゃべり猫」に成長した!

サンフランシスコにある動物レスキュー団体「Saving Grace Rescue」の手配により、曲がった前足の治療を受けることになった小さな子猫のダッシュ。

 
移動中の車の中では大騒ぎしましたが…

動物病院で診察を受けている間は、おとなしく喉をゴロゴロと鳴らし続けたといいます。

障害にも負けず

診断の結果、彼女は前足に「尺骨神経麻痺」を持っていることが明らかになりました。

 
ただし幸運にも、後ろ足に障害はありません。

その証拠に、テーブルの上の食べ物を失敬するなんてこともしばしば(笑)

歩くことはもちろん、走ることも高いところに登ることもできます。

 
また彼女は人間のそばにいるのを好み、おしゃべりが大好き。

 
パパやママの後ろをついて歩き、いろいろと要求してきては…

絶対に嫌とはいわせない頑固っぷりを発揮するのだとか(*´艸`*)

お兄ちゃん猫を追いかけて階段を駆け上ったり、駆け下りたりしていますよ。

パパのことが大好きで、座っていると必ず抱っこしてとお願いしにくるんです。

関連:【子猫】心臓に疾患を持ち、長くは生きられない可能性のある子猫。それでも、なんとか幸せになって欲しいと奔走した結果…?

幸せになる準備

すっかり飼い猫としての暮らしも板についてきた様子。

 
もう屋外の厳しい環境にさらされたり、外敵に怯えたりする必要はありません。

障害を抱えたダッシュに、これからたくさんの幸せが訪れるよう心から願っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ