閉店するマックへ、バーガーキングから「脱帽」の垂れ幕。しかし…!

1月31日、長らく愛されてきた秋葉原昭和口のマクドナルドが閉店しました。

その直前…さと@ぶいじぇーのひと (@sato322)さんは、同エリアで営業していたライバル店・バーガーキングの前で、こんな垂れ幕を発見したそう。

私たちの2件隣のマクドナルドさんが今日で最終日を迎えます。

たがいに良きライバルとして、アキバを愛する仲間として

ちかくにいたからこそ、私たちも頑張ることができました。マクドナルドさん

のいないこれからを思うと寂しさでいっぱいです。どうかみなさん、

勝手なお願いですが、今日は彼のところに行ってください。ずっと背中を追い続けた

チャレンジャーの私たちから、スマイルを込めて。お疲れさまでした。

 
切磋琢磨した相手へ贈る、「脱帽」のメッセージ。

実に感動的なワンシーンですね。

真意

と、思いきや…

 
「縦読み」!?

何事かと、先程のメッセージを見返すと



うおおおおおおおおおおΣ(゚д゚;)

 
アメリカでは定番となっている、この「バチバチ」ぶり…(笑)!

彼らのバトルが終わることは、決してなさそうです(;∀; )

関連:「マクドナルドのバイト」が、高校の皆勤賞に繋がった。そのワケは…

みんなの反応

●ドナルドは悔し泣き顔を見せまいと後ろ向きに。バーガーキング店員は笑いをこらえて下向きに

●稲川淳二の怪談より怖いです

●去年、米国のバーガーキングはマクドナルドの「ハッピーセット」を皮肉った「ハッピーじゃない時セット」を発売して話題に。その時のCMコピーは「いつもハッピーな人なんていない。そして、それでいいんだ」それを踏まえると今回のポスターの一番上の「沢山のハッピーをありがとう」もどこか味わい深い

●海外ではコーラvsペプシとか、バーガーキングvsマックとか、自動車会社同士とか、ものすごいユーモアとリスペクトを持ちつつ、他企業に絡みにいく広告が多くてとても面白いのだけど、日本でもこういったある種の非公式コラボみたいな広告が増えていくと、広告のエンターテイメントの幅が広がると思う

 
目が覚めるようなやり取りに、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ