【子猫】車の下で毛が凍るほどに冷え切っていた子猫。保護されて愛情をたっぷり受けると…もっふもふのハンサム猫に大変身

とある凍えるような寒さの夜。

米ペンシルベニア州に住むアナさんは、車の下から生後4週の小さな子猫を見つけました。

独りぼっちで、毛が凍るほど冷え切っていたんです。

 
その後ジェイクと名付けれられた子猫は、預かりボランティアの元でお腹いっぱいのご飯をもらい快適なベッドで眠ると…

ようやく安心できた様子。

 
暖かい家の中が、とても気に入ったようで…

すぐに元気を取り戻し、すくすくと成長していきました!

新しい家族

数週間後、新しい家族を見つける準備が整うと…

 
なんと彼を保護したアナさんが、引き取りを申し出てくれました。

ジェイクは誰とでも友達になりたいんです。

まるで人間といると、いいことが起きるとわかっているみたい。

 
擦り寄るのが大好きな、甘えん坊の猫へと変貌を遂げたジェイク。

 
いたずらをしていない時には、ママを監視しているのだとか。

 
もふもふの尻尾がキュートです(*´∀`*)

関連:【子猫】 「最後の1匹」として、ケージの隅で丸くなっていた子猫は…やがて飼い主と「運命的な出会い」を果たした!

大きく育って…

さらに数ヶ月がたつと、ジェイクはキャットベッドからはみ出さんばかりにモフモフな猫に成長。

彼は私が出会った中でも、1番チャーミングで大きな猫なんです。

 
1歳を迎え、ますますハンサムになった彼には、もう車の下で凍えていたころの面影はありません。

 
これからも大好きなママのもとで、楽しい思い出を紡いでいくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ