小脳の形成不全から、歩くこともままならない子猫。困難を抱えながらも前向きに生きる彼に、運命の出会いが訪れた

生まれてすぐに母猫に育児放棄された子猫が、アメリカ・メーン州の動物病院VCA Cromwell Animal Hospitalに運び込まれました。

 
数時間にわたる集中治療の末、なんとか一命を取り留めましたが…

成長するにつれ、その様子に異変が現れます。

 
立ち上がろうとするたびに転んでしまい、歩くこともままならないのです。

診断の結果、彼は運動機能に問題を引き起こす、小脳の形成不全を患っていました。

運命の出会い

生涯に渡って介護が必要な重い障害を抱えているにも関わらず…

当の子猫はいつでもご機嫌。

 
遊んだり甘えたり、愛嬌たっぷりです。

 
そんなある日、偶然病院に立ち寄ったカルメロさんが、お風呂上がりでタオルに包まれた小さな子猫を目にして…

あまりにも愛くるしい姿に一目惚れ!

 
その晩、インターネットで彼が抱えた障害について調べ上げ、引き取ることを決めました。

 
カルメロさんの元でぺピーノと名付けられた子猫は、他の猫たちとの違いも全く気にしていない様子。

 
先輩猫たちを見て、できる限りのマネに挑戦します。

 
やがて、体もうまく動かせるようになりました。

遊んで、膝の上で甘えて、抱き上げると喉を鳴らして…

とっても幸せな猫なんです。

関連:助けを求めて庭に現れた子猫を獣医に連れていくと…安楽死を勧められた。それでも諦めずに、2週間看病を続けたら!?

毎日を精一杯生きる

2年後、そこには…

ますますたくましく成長したぺピーノの姿が!

 
傍らで彼を支え続けたカルメロさんは感慨深く語ります。

引き取ったことを後悔したことは一度もありません。

確かに特別は配慮は必要ですが、彼はそれ以上のものを与えてくれるんです。

 
障害を持ちながらも毎日を精一杯生きるぺピーノ。

 
これからも素敵な魅力を振りまきながら、幸せに暮らしていってくれることを願っています。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ