【子猫】 別々の家へと引き取られていった子猫の兄弟。その数年後…「ある奇跡」によって、2匹は再会を果たした!!

トレーラーハウスの駐車場で保護され、アメリカ・カリフォルニア州の保護団体Petaluma Animal Servicesに引き取られた子猫の兄弟・オジーとバター。

 
預かりボランティアの元で一緒に生後9週を迎え、新しい家族を迎える準備が整った頃…

施設で彼らに一目惚れしたキャスリーンさんと娘のカリちゃんが、すぐに引き取りを決めました。

 
しかし、残念ながら彼らの家の賃貸契約で、飼える猫は1匹のみ。

家族は泣く泣くバターを諦め、オジーだけを家に連れ帰ります。

本当に残念でした。

娘は何週間も「オジーが兄弟と一緒じゃないから怒っている」と思っていたんです。

 
やがてキャスリーンさんもたまらなくなり、再び施設に電話すると…

バターはすでに引き取られてしまった後。

新しい家族が見つかったのは嬉しいことでしたが、拭えぬ後悔が、彼らの頭の中に残り続けました。

奇跡的な偶然

その数年後のある日…

デートアプリでブライアンさんと出会ったキャスリーンさんは、驚くべき出来事に見舞われます。

彼の家に遊びに行った時、思わず目を疑いました。



とっさに、「うちの猫がいる!」って叫んでしまったんです。

 
「キャスリーンさんの様子を見て、おかしくなってしまったと思った」と語るブライアンさん。

しかし…オジーの姿を目の当たりにして、彼も言葉を失います。

現実とは思えませんでした。

そこで、施設で子猫を引き取った際の書類を確認してみると…

やっぱり、彼らは兄弟だったんです。

関連:【子猫】ひどい怪我のために手術を受け、3本足になった子猫は…優しい「おじいちゃん猫」から大切なことを教わった

再会

その後、2匹を会わせてみると…

お互い兄弟のことを覚えていた様子!

 
彼らの強い絆が、飼い主同士をも結びつけたのでしょうか…!

「運命」を信じずにはいられなくなる、不思議なニュースでした。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ