【子猫】 とっても体が小さく、まるでネズミのような子猫。里親ママの愛情を一身に受けながら、たくましく成長していき…?

カリフォルニア州カーソン市の路上で、地域の保護猫活動をしていたボランティアが、1匹の子猫を発見します。

その体は驚くほど小さく…

年齢は生後4週間ほどと推定されるにもかかわらず、生後1週間程のサイズしかありません。

 
まもなく彼は、動物レスキュー団体「Wrenn Rescues」を通して、里親ボランティアのお家に預けられました。

まるでネズミみたい

里親ママのエリンさんは語ります。

体重はたったの240gほど。

同じ年齢の子の半分のサイズしかなく、痩せて骨ばった体をしていました。

まるでネズミのようだったので、マウスと名づけたんです。

 
その日から24時間ノンストップのお世話が開始。

 
体をきれいに洗ってもらい、数時間ごとにご飯を与えられながら…

彼の体重は着実に増えていきます。

小さな子猫を育てるのは、とても大変です。

でも、すくすく育っている様子を見ると…

苦労した甲斐があったな、と思います。

体重が450gを超したときには、家族みんなでお祝いしました。

 
先輩猫も、喜んで子守り役を引き受けてくれたのだとか。

 
優しい家族のサポートのもと…

マウスはどんどんと猫らしく成長していきました。

関連:【子猫】心臓に疾患を持ち、長くは生きられない可能性のある子猫。それでも、なんとか幸せになって欲しいと奔走した結果…?

愛らしく成長して

彼の一番のお気に入りは、肩の上に乗ること。

高い場所から眺める景色が大好きなようです。

 
厳しい屋外での暮らしは、もはや過去のこと。

幸せを掴んだマウスには、どうかこれからも安全で快適な毎日を満喫してほしいですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ