里親の家で7匹の仲間に出会った子猫は…1番小さな体で「リーダーの座」を狙う!

ある日のこと。

アリゾナ州フェニックスに暮らすとある女性が、自宅の庭にあるレンガでできた敷石の間に、1匹の子猫が挟まっているのを発見しました。

 
女性はひとまず彼を家の中に入れ、ご飯をあげましたが…

翌日になっても母猫が現れないため、地元の愛護団体に保護を依頼します。

 
子猫は「ピコ」と名付けられ、団体代表のシェルビーさんが里親として面倒を見ることになりました。

小さなリーダー

体重が平均より少なく、100gほどしかないピコ。

 
24時間体制での看護が必要な彼に、シェルビーさん夫妻は交代でご飯を与え…

食後には、必ず抱きしめてあげたといいます。

 
さて、シェルビーさん宅にはピコとは別に、里子として7匹の子猫がいました。

 
「一人っ子のピコには、仲間がいると良いかもしれない」

 
そんな考えから、彼らと引き合わせてみると…

狙い通り、すぐに仲良くなって、みんな一緒に遊び始めます!(*´∀`)♪

 
中でもキューバー・マイクという名の一番大柄な子猫は、一番小さなピコを特に気に入った様子でした。

キューバー・マイクはピコと「一人っ子チーム」を結成しようとしてたわ。

本当に可愛らしかった。

 
ピコも新しい仲間たちのことが大好きで、彼らの後をついて回ります。

ピコは本当に面白い子。

傍に猫用の快適なベッドがあっても、彼は常にプラスチック製の計量ボウルで寝ちゃうの。

 
すっかり体重も増えて元気になった彼は、最年少でありながら、いつでもみんなの中心になりたがるそう。

寝る時は、子猫たちの真ん中を陣取っているわ。

時にはみんなの上に乗っかっていたりね(笑)

関連:母に捨てられた骨と皮だけの子猫は、立派に成長し…やがて頼れる先輩となった!

嬉しい知らせ

やがて、嬉しい知らせが!

ピコとキューバー・マイクの仲良し2匹が、新しい飼い主のもと、一緒に暮らせることになったのです。

 
互いを想いあう「一人っ子チーム」は、これからも今まで以上に、その絆を深めあっていくに違いありません(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ