【子猫】 警官に保護された子猫は…警察犬ならぬ「警察猫」のポストを獲得!? 職員たちに笑顔を届けるべく、署内を駆け回る!

生後6ヵ月ほどの独りぼっちの子猫が、とある警官によって保護されました。

その後、ニューヨーク州ブルックリンの警察署へと連れて来られた彼を見て…

あまりの愛らしさに、職員たちもメロメロになってしまいます。

 
このままアニマルシェルターに送ってしまうのは、あまりに忍びない…。

そう考えた警官たちは、「子猫をマスコットとして引き取りたい」と上司に嘆願しました!

警察猫になる

この訴えを、ウィリアム・テイラー警視は快諾。

それどころか、子猫のためのトイレを自腹で購入してあげたといいます

私自身、動物好きな人間なんです。

子猫を一目見て、心を奪われてしまったんですよ。

 
こうして、警察犬ならぬ「警察猫」となった子猫。

熱心に嘆願を行った職員の名前にちなんで、マーティンという名前が与えられました。

 
警察猫としての主な業務は、『癒やし』の提供。

署内を巡回して、日々の仕事に追われる警官たちを笑顔に変えていきます。

 
ちなみに、1番お気に入りのパトロール先はテイラー警視の事務室。

毎朝彼に挨拶をするために、椅子を占領して待っているそうです(*´艸`*)

関連:【子猫】 犬にお世話され続けたヤンチャな子猫は、やがて『自分も犬に違いない!』と思い込んでしまったようで…?

かわいい同僚

働く見返りに、美味しいご飯や寝床、猫用のおもちゃまで提供してもらっているマーティン。

彼にとっても、最高の就職先となったようです。

 
「同僚」たちのために、癒しと笑顔を届ける素敵な警察猫。

職場にこんなに可愛らしい同僚がいたら、仕事にもいっそう気合が入りそうですね(笑)!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ