大雨の歩道を這うように進むネズミ…かと思ったら、子猫だった!

ニュージーランド・オークランドに住むキャスリンさんは、家へと向かう帰り道の途中…

大雨の中、歩道を這うようにして進むネズミのような小さな生き物を発見しました。

しかし、近づいてよく見てみると



なんとそれは、「へその緒がついたままの子猫」だったといいます。

見つけた時、鳴いてはいませんでしたが…

必死で這いながら、母猫を探していたんです。

 
キャスリンさんはすぐに家へと連れ帰り…

ブルースと名付けた彼に、ミルクを与えました。

大きな声

小さな子猫は3日後、ようやく喉を鳴らし始めます。

 
夜中の授乳に際して、目覚ましをセットする必要もなくなりました。

小さな体にも関わらず、お腹が空いている時の彼の声は、どのアラームよりも大きかったんです。

 
生後12日を迎えると、体重100グラムを越したブルース。

 
目もぱっちりと開きます。

 
最初こそ、新しい家族を探すつもりでいたキャスリンさんも…

その頃には、彼を正式に飼い猫として迎え入れようと決心していました。

 
自分でご飯を食べる練習も開始。

 
優しい家族に見守られ、ブルースはすくすくと成長していきます。

 
そして、生後9週を迎え…

体重は900gを超えました!

 
おもちゃで遊んでもらったり…

 
大好きなぬいぐるみとお昼寝したり…

 
猫らしい仕草も、すっかり板についたようです(*´∀`*)

関連:高級車の下に潜り込んだ子猫。そして保護団体スタッフが取った行動は

一人前

更に時がたち…

顔つきもハンサムになりました!

 
雨の中を必死に駆け回っていた子猫の面影は、もうどこにもありません。

 
どうかこれからも、優しい飼い主さんとたくさんの思い出を紡いでいってほしいですね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ