【子猫】生まれつき肘の関節がない小さな子猫。障害を抱えながらも前向きに生きる彼女の姿は、多くの人を魅了した!

2匹の兄弟猫とともに、保護団体「National Kitten Coalition」へとやって来た子猫のルー。

 
施設のスタッフはすぐに彼女の異変に気がついたと言います。

他の兄弟に比べてかなり小さく、歩き方も変だったんです。

 
その後、ルーには生まれつき肘の関節がないことが判明。

特別な介助が必要な猫のケアを得意とする里親・マーニーさんに託されました。

障害も気にしない!

ルーは自分が他の子猫と違っているとは全く気がついていない様子。

 
後ろ足をうまく使って、歩くことも覚えました。

障害を持っていることは、彼女にとって何の妨げにもなっていないんです。

 
肘の関節はありませんが、前足を使ってハグをするのも得意なのだとか。

 
たくましく生きるルーの姿を傍らで見守っているうち、すっかり心を溶かされてしまったマーニーさんは…

そのまま彼女を正式に家族として迎え入れることを決めます。

彼女の毛はふわふわなので、出会った人はみんな大きな猫と思うようですが…

実は2.2kgほどしかない、とても小さな猫なんです。

 

彼女は前足も上手に使えるので、もし教えなければ障害があるなんて誰も思わないでしょう。

 
親友犬のスケーターや、マーニーさんが家に連れてくる預かり猫たちとも仲良し。

まるで自分が受け取った愛情を、他の動物達へ注いでいるようだと言います。

関連:【子猫】ヨーダにそっくりな耳を持つ子猫。動物病院に引き取られると、そのキュートさでスタッフみんなを魅了した!

前向きな姿

8ヶ月後、ルーは美しい猫へと変貌を遂げました。

ルーは自分を救ってくれた保護団体の資金集めに、とっても貢献しています。

自分でも知らないうちに、お返しができてしまったみたい。

 
困難にもくじけず、与えられた命を精一杯楽しむ彼女の姿は…

これからも、たくさんの人々を勇気付けていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ