【子猫】車のタイヤ上部に入り込んでしまった子猫。無事に保護されたものの、思わぬ病気にかかっていることが判明して…

ニューヨークを拠点に活動する動物レスキュー団体「Little Wanderers NYC」に、1本の救助要請の連絡が入ります。

聞けば、車のタイヤ上部に野良猫が入り込んでしまったとのこと。

怯えている子猫をすぐに助ける必要があったため、スタッフはただちに現場に向かいました。

 
なんとか無事に救出された子猫は、カールと名づけられます。

屋外での暮らしはかなり厳しかったようで…

カールは、ネコ免疫不全ウィルスにかかっていました。

そのうえ、脱水状態ですっかり弱り切っていたんです。

弱り切っていた子猫

恐らくウィルスを保有した猫に噛まれたのか、母子感染したのでしょう。

子猫は動物病院に数週間ほど入院することになり、24時間体制の看護を受けました。

 
適切な医療ケアを受けるあいだも、小さなカールはすくすくと成長していったといいます。

 
容態も徐々に安定していきました。

カールはとても愛らしい子です。

いわゆる猫エイズも、人間がかかる病気とは似て非なるものなので…

人に感染する心配はまったくありません。

関連:【子猫】 とある男性が、仕事場で6匹の子猫を発見。しかもその内2匹は…『ミトン』のようにキュートな手をしていた!

輝く未来が開けた

もうすぐ、生涯のお家探しという次の冒険が待っています。

 
親切な人たちの尽力で、輝く未来に手を伸ばしたカール。

相応しい飼い主が見つかり、安全で幸せな暮らしが送れるよう心から願います。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ