保護施設で手術を受けた捨て犬。その直後、ケージを見に行くと…

捨て犬のプリッシーは、ニューハンプシャー州にあるアニマルシェルターに保護された後、避妊処置を施されました。

知らない場所で突然手術を受けることになった彼女の不安は、相当なものだったでしょう。

 
そして…きっとつらかったのは、プリッシーだけではなかったはずです。

手術直後の彼女の様子を撮影した動画には、思わず涙があふれてしまうような光景が収められていました。

動画のキャプチャ画像

プリッシーに近づいていく撮影者。

 
すると


ケージの中に、一人のスタッフが横たわっていました。

 
プリッシーのことを想って、いてもたってもいられなかったのか…

彼女は自らケージの中に入り、その身体を撫で続けてあげていたようです。

 
多くの動物たちと出会い、また様々な形の「別れ」を経験してきたシェルターのスタッフたち。

こうした動画を見ると…「命を預かることの責任」について、改めて考えさせられますね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ