【子猫】ガラスのように曇った角膜のせいで片目が見えない子猫。回復の望みは薄かったものの、諦めずに治療を続けた結果…!

独りぼっちで発見された生後6週間ほどの子猫。

発見した女性は、片目が不透明に曇っていることに気付きます。

 
抱き上げると、よほど弱っていたのか抵抗する素振りさえ見せません。

その様子から、彼が助けを必要としていることを察した女性は、地元の保護団体へと駆け込みました。

ガラスの片目

保護団体のセリーヌさんによれば…

彼の片目は、角膜が傷付いてしまっているようでした。

 
ほとんど失われてしまった視力。

セリーヌさんたちも、その回復には期待が持てなかったといいます。

 
子猫には、ベルランゴという名前が与えられました。

セリーヌさんたちは身体についた虫を除去してあげたり、抗生物質入りの目薬を差してあげたりと、可能な限りの治療を施します。

 
その甲斐あって、到着したばかりの頃は警戒心を剥き出しにしていたベルランゴも…

献身的に世話をしてくれる人々へ、だんだんと心を開くように。

 
それから数週間ほどが経過し、彼のケアは里親に引き継がれる頃には…

 
驚くべきことに、問題の片目も少しずつ快方へと向かい、失われていた視界も回復し始めていたそうです。

関連:【子猫】 感染症のため、目が開けないほどボロボロの状態で保護された子猫は…優しい人たちの愛情によって大変身を遂げた!

すっかり懐いた

やがて、人々の予想をいい意味で裏切り…

ベルランゴは視力を完全に取り戻しました!

 
室内での暮らしも、すっかりお気に召したようで、自分から人間に寄り添ったり、のどを鳴らしたりして甘えるようになったのだとか。

 
まもなく『生涯の家』へと無事に引き取られていったというベルランゴ。

幸せなペット生活を、これからも満喫していって欲しいですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ