【子猫】 散歩中、どこからか子猫の鳴き声が聞こえてきた!! 大勢の人々を巻き込んだ救出劇の結果は…?

恋人同士のジェニファーさんとジムさんは、昼下がりに学校の裏通りを散歩していました。

すると、どこからか小鳥のさえずりのような音が聞こえてきます。

立ち止まって、よく耳を澄ませてみたんです。

それはどうやら子猫の鳴き声で、助けを求めている声のように聞こえました。

 
その鳴き声は、施錠された鉄扉の向こう側…

ゴミ箱の中から聞こえてくるようでした。

救出劇

ジェニファーさん達は、周囲の人々と協力して、どうにか扉を開けることに成功。

そして、子猫を助け出そうと近付いたのですが…

 
子猫は怯えてしまい、そこから逃げ出してしまいました。

そして、なんと運転中の車に向かって、まっすぐ走っていったのです。

みんな、ひやっとしました。

彼は車の下に潜り込んで、エンジンの中へと上っていったんです。

ボンネットを開けてもらって、どうにか彼を救出しました。

腕の中に抱き抱えて、ようやく私たちもひと安心です。

 
Tシャツで小さな体を包み頭を撫でてあげると、どうやら子猫も落ち着いたようで、のどを鳴らし始めます。

「フルトン」という名前を貰った彼は…

その後、子猫の保護団体を経由して、里親の元へと引き取られていきました。

関連:【子猫】とある農場で見つかったひとりぼっちの子猫。寂しがり屋だった彼女が、里親の家でお兄ちゃん猫に出会った結果…

飼い猫暮らし

温かい寝床、たくさんのおもちゃ、そして同じように引き取られてきた子猫と一緒に遊ぶ日々。

フルトンは、少しずつ飼い猫暮らしの素晴らしさを実感していきます。

 
激しい遊びをしているときも、けっして爪を立てることはなかったフルトン。

穏やかな性格の彼には、犬や猫、大人子どもを問わず、たくさんの友達が出来ました。

 
やがて十分に成長したフルトンは、ポリーという新たな名前を授かり、生涯の家へと引き取られていったそう。

新天地でも、幸せな日々を送っていってほしいものです。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ