『マジで狂ってる』 とある派遣社員が「善意の暴走」に泣かされた話

Pen (@pen_gender)さんが投稿した、派遣社員時代の忘れられない体験談に注目が集まっています。

 
『そんな良心はクソくらえ』

仰るとおり…どんな意図があったとしても、彼らの行動は残酷すぎると言わざるをえません。

「善意ってブレーキが無い」

1人でも違和感を覚えていたら、Penさんが涙する事態には至らなかったはずです。

 
経験が欠けていると、相手の立場を真の意味で理解することなどかなわない…

だからこそ、我々も気づかぬうちに『善意』で誰かを傷つけている可能性は大いにあると、改めて思い知らされる一幕ですね。

関連:『人間の尊厳まで失う』 非正規の社員が父を亡くした結果…絶句した

みんなの反応

●わかる。若手のとき、上司が自宅で消費期限の切れた菓子をよくくれていた。バカにしてるんだなと思いながらも黙って食べていた

●これはやばいな。せめて「お昼おごるから美味しいもの食べに行こう」って快く声かけてくれるならまだ許せるけども。←尚、行くか行かないかは自由

●そんなことするなら一緒にはなまる行って天ぷら一個くれるとかのが嬉しいやん…一食奢られると気兼ねしちゃうけど天ぷらくらいなら

●相手に「何かしてあげたい」という想いは自己満足を満たそうとする行為なのかしら。総てがそうなのかもしれないし、それを総て失った社会は終わりって気もする。相手の反応を見て違っていたと気付いたら止めればいいだけなのか

 
胸が苦しくなるエピソードに、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ