フェンスに挟まれ、動けなくなっているところを保護された子猫。後ろ足を失ってしまっても…彼女の勢いは止まらなかった!

米ニューヨークでフェンスに挟まっているところを救出され、保護団体「PS9 Pets」に引き取られた1匹の子猫。

逃げようとして激しくもがいたため、肉球は全て擦りむけており、ひどく神経を損傷した後ろ足は、切断する必要がありました。

 
預かりボランティアのアマンダさんは、そんな彼女の姿を一目見た時から、心を奪われたと言います。

この子は間違いなく、小さなファイターです。

予想に反して…

生後5週の彼女の体重は450gしかありません。

こんな小さな身体で大きな手術に耐えられるのかどうか、スタッフたちに不安が募りましたが…

 
やがて子猫は、その圧倒的な生命力でみんなを驚かせました。

手術の翌日、ドクターに呼ばれたんです。

回復がとても早く、遊んだり甘えたりしたいようなので、もう家に連れて帰ってもいいと言われました。

 
家に連れて帰ると、その日から走ったり、ジャンプしたり…

 
4本足の猫と同じか、それ以上に何でもできることを見せてくれたのだとか。

 

ツイッギーは、何でもできるんです!

彼女にとっては、3本足が普通で…

他の猫と違うことすら、全然気が付いてないのかもしれません。

関連:感染症のため、「変わった色の目」になった子猫の兄弟。互いに助け合いながら長い道のりを経て…最後に幸せを掴んだ!

“かわいそうな猫”ではなく

11ヶ月後、そこには美しく成長した彼女の姿が。

 

みんなは「足を失ってかわいそう」と思うでしょうが…

障害によって、彼女がどんな猫か決まるわけではないんです。

 
どんな境遇に置かれようと、前向きに日々を楽しむツイッギー。

そのたくましい生き様は、これからもたくさんの人を勇気付けていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ