別々の日に保護された子猫の姉弟。離れ離れになっていた彼らは、再会を果たすやいなや…互いのもとへ駆け寄った!!

ある日、米ロサンゼルスに住む女性が、家の外から聞こえて来る子猫の鳴き声に気がつきました。

 
しばらく静観していたものの、母猫がそばにいる気配はなく…

次第に暗くなり気温も下がってきたため、彼女は「声の主」を探し出して保護します。

 
保護団体「Kitten Rescue」を通じ、すぐさま子猫は預かりボランティアのアナイスさんのもとへ。

発見者は、子猫を温めたお米を入れた靴下と一緒に箱に入れて…

20分かけて私のところまで届けてくれたんです。

 
アナイスさんが用意しておいたミルクをあげると、ごくごくと飲んでくれたそうです。

もう1匹の子猫

一方、子猫を保護した心優しい女性は、その後も母猫のことを探し続けており…

2日後、煙突の下にある小さな穴の中で母猫ともう1匹の子猫を発見しました。

 
しかし、ご飯とお水を用意するも、彼女を威嚇するほど怖がっていた母猫は…

翌日、子猫を残してどこかへ姿を消してしまったのだとか。

 
残された彼も、お姉ちゃんが過ごすアナイスさんに引き取られることに。

先に見つかった子猫の近くに寝かせてみると、すぐにお互いにすり寄って行ったそう。

 
それぞれコットン、ボタンと名付けられた2匹は、順調に元気を取り戻していきました。

 
目も開き、耳もピンっと立ち始めると、2匹はますますやんちゃに変身!

 
よちよち歩いて、冒険も始まりました。

彼らはいつもくっついて寝ています。

一緒に横になって、お腹を撫でてもらうのが大好きなんです。

関連:感染症のため、「変わった色の目」になった子猫の兄弟。互いに助け合いながら長い道のりを経て…最後に幸せを掴んだ!

ずっと一緒に

そして数ヶ月後。

幸運にも、美しく成長した2匹を一緒に引き取ってくれる飼い主が見つかりました!

 
1度は離れ離れになってしまったコットンとボタンでしたが…

これからは寄り添いあいながら、仲良く成長していくことでしょう(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ