捨てられた過去を持つ、唇の裂けた子猫。一目惚れした女性が愛情を注ぎ続けると、少しずつ明るい性格に変わっていき…

友人の仕事を手伝うために、地元の養子縁組センターを訪れていたヴィクトリアさんは…

そこで保護されていた1匹の子猫に、一目惚れしてしまいます。

 
生後8ヶ月ほどの彼は、生まれつき唇が裂けてしまっていました。

辛い過去

施設のスタッフいわく、その子猫は捨て猫だったとのこと。

よほど辛い思いをしたのか…とても臆病な性格で、近づこうとしても、すぐにベッドの方へと逃げてしまいます。

 
それでもヴィクトリアさんは、彼の近くに膝を着き、コミュニケーションを試みました。

 
そして彼女は…その日のうちに、彼を自宅へと引き取ることに決めます。

 
子猫には、ブルースという名前が与えられました。

心を開いてくれるまで、かなり時間がかかりましたね。

おもちゃで遊んであげたり、体を撫でて落ち着かせてあげたり、色々と試行錯誤しました。

 
長い時間をかけて、もうビクビクと怯える必要はないのだ、と理解していったブルースは…

少しずつヴィクトリアさんに気を許し、甘え始めるようになります。

 
そして彼は、ヴィクトリアさん宅に暮らしていた3匹の先住猫とも徐々に仲良くなっていきました。

 
野良生活から救助された過去を持つチャドとアレックスは、似たような経験を持つブルースの兄貴分となり、よく面倒をみてあげていたそう。

 
他の施設から連れて来られたロンは、ブルースにとって最高の遊び相手。

お互いを追いかけて家中を走り回ったり、イタズラを仕掛け合ったりしてハシャギます。

 
優しいママと最高の仲間に囲まれて、ブルースは心身とも健やかに成長を重ねていきました。

関連:保護されたものの、独りになるのを極端に嫌がる子猫。もしかして、はぐれた兄弟を恋しがっているのではと、探してみたところ…!

大人の猫に

やがて2歳を迎える頃には、見違えるほど明るくなったブルース。

遊び好きになっただけでなく、しっかりと自己主張もするようになっていきました。

 
人間を怖がっていた臆病な子猫の面影は、もうありません。

これからは何に怯えることもなく、安心で安全な屋内での暮らしを満喫していくことでしょう。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ