成長しても、なかなか大きくならない子猫。それでも彼は、「小さな身体と大きなハート」でみんなを魅了した!

ある日、ニュージーランドに住む動物看護師のジェシーさんは、2匹の姉弟猫と数匹の子猫たちを保護団体the Kitten Innから引き取りました。

 
そのうち姉弟猫の1匹・ワドルは生後6週にも関わらず、生後4週の子猫ほどの大きさしかありません。

 
しかし、身体こそ一番小さいものの…

その様子は、誰よりも元気で幸せそうだったと言います。

飼い主が見つからず…

ワドルはジェシーさんの元へやって来ると、すぐにママのことが大好きになり、すっかり“肩乗り猫”へと変貌を遂げました。

 
やがて他の子猫たちは、みんな普通通り大きく育ち、新しい家族の元へと旅立って行きましたが…

 
ワドルだけは一向に成長しません。

 
生後12週になっても、彼はお姉ちゃん猫の2分の1程のサイズしかありませんでした。

 
その結果



彼はずっと里子に出せなかったので…

そのうちに、すっかり虜になってしまったんです。

 
ジェシーさんは、彼を正式に家族として迎え入れることを決めます!

 
身体が小さく受けられない検査がたくさんあるため、成長が遅い原因はわかっていませんが…

 
サイズの他は、健康そのもの。

 
ジェシーさんの勤め先の動物病院には、ほぼ毎日一緒に出勤し、肩に登ってお手伝いしています。

 
その後、生後17週を迎えると、ようやく生後7週の子猫ほどの大きさに成長しました。

彼はとっても幸せで、落ち着いていて、愛情に溢れています。

私の誇りで、喜びなんです。

関連:兄弟を亡くし生き残ったものの、衰弱しきっていた子猫。生死の境を切り抜けて、いたずらっ子へと成長を遂げる!

小さな身体と大きなハート

さらに4ヶ月がたつと



そこには美しく成長したワドルの姿が!

 
随分大人っぽくなったものの、甘えん坊ぶりは変わっていないようです(笑)

 
小さな身体の中に、大きなハートを持つワドル。

 
これからも大好きなママと、幸せな思い出を積み重ねていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ