【子猫】 消化器官に問題を抱えた小さな子猫。衰弱しきっていたものの、優しい「犬のお母さん」と出会った結果…!

フロリダ州の動物保護シェルター「Jacksonville Humane Society」に、1匹の子猫が保護されました。

生後3週間にしてはかなり小柄で、立ち上がる力が十分になく、目は閉じられたまま。

消化器官にも問題を抱えており、後々手術をする必要があるといいます。

 
シェルターで動物看護士として働いているケイトリンさんは、彼をライガーと名付け、自宅でケアをすることに。

そして献身的な看護を続けた結果…

ようやく目が開き、鳴き声をあげられるまでに回復しました。

新しいお母さん

少し元気になったライガーは、先輩犬のグレイスと出会います。

すぐに仲良くなった彼らは、いつも一緒に過ごしたり夜は犬専用のベッドで眠りについたりと、まるで本物の親子のよう!

 
グレイスは子猫を温かく見守りながら、ボウルからご飯を食べる方法や遊び方などを教え…

一方、ライガーも犬のママの後ろをついて歩き、彼女のお腹に鼻をうずめてはゴロゴロと嬉しそうにのどを鳴らします。

 
消化器官の手術も無事に終わり、以前にもまして子猫はのびのびと成長していきました。

関連:2匹の子猫が、ガッチリと抱きしめて守っていたもの。それは彼らの「妹」だった

愛情に包まれて

ケイトリンさんは語ります。

保護してから最初の数週間のことを決して忘れません。

ライガーは衰弱しきっていて、体重も同年齢の子猫の3分の1ほどしかありませんでした。

でも、グレイスとの出会いが彼を大きく変えたんです。

 
愛情をたっぷりと注がれた子猫は、生きる力を取り戻し病気も克服することができました。

幸せいっぱいの日々がこの先も続くよう、心から願ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ