別々の場所で保護されて、同じ里親に引き取られた2匹の子猫が初めて対面。お互いに威嚇し合い、猫パンチを繰り出すも…

生後3週間の子猫・オーティスを引き取った預かりボランティアのサバンナさんは、その翌日、1通のメールを受け取りました。

助けが必要な子猫がもう1匹いる。

 
聞けば、オーティスと同じようにボトルで授乳が必要な子猫・ムースが引き取り手を探しているそう。

 
サバンナさんは、オーティスと友達になれればとの想いから、預かることを決めます。

初めての対面

健康に問題がないと確認できるまで隔離されていた2匹。

初めて顔を合わせたのは、生後4週を迎えたときのことでした。

 
何度か威嚇し合ったり、猫パンチを繰り出したりするも…

 
数時間後には、暖かいブランケットの中で一緒にスヤスヤ。

 
そしてこの日以来、彼らは互いに離れられないとなってしまったようです(*´艸`*)

 
何をするのも常に一緒。

 
2匹でサバンナさんの後を付いて回ります。

 
お昼寝中もぎゅ〜。

彼らは全く正反対だけれど、お互いを完璧に認め合っているみたい。

オーティスはあわてんぼうのおバカさん、ムースは愛嬌たっぷりの落ち着いた子なんです。

 
そんな仲睦まじい様子を見守り続けたサバンナさんも…

いつしか、彼らと離れられなくなっていたといいます。

 
やがて3人は、めでたく正式な家族となりました。

関連:施設で3匹の我が子と再会した母猫。そこへ更に「4匹の新入り」がやってきて…?

ずっと一緒

その後、ますます成長を遂げたオーティスとムース。

大きくなっても、2匹の絆は変わりません。

お互いを愛している彼らを見るのが、大好きなんです。

 
とっても元気な猫たちは…

これからも優しい飼い主さんのもと、楽しい思い出をたくさん紡いでいくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ