道路脇で、母猫を探して必死で鳴いていた子猫。ベアという名前をもらうと、その名に恥じない強い「生きる意志」を見せた!

ノースカロライナ州・バーリントン出身の救急救命士が、道路脇にたたずんでいる1匹の子猫を見つけます。

手のひらに収まるほどの小さな身体で、必死に鳴いて母猫を探していましたが…

辺りに他の猫の姿はなく、どうやら捨てられてしまったようです。

 
様子を見ていた男性は、子猫が往来の激しい道路に飛び出してしまう前に、保護することに成功。

そのまま、動物レスキュー団体「Sparkle Cat Rescue」に送り届けました。

名前の由来

団体を通じて、新生児ケアの専門家として里親ボランティアを行っているサラ・ケリーさんが、彼を預かることに。

 
そして、素敵な名前を付けてもらいました。

クマの子のように見えるので、ベアという名前にしたんです。

さらに、サバイバル冒険家のベア・グリルスさんにあやかり、ラストネームにグリルスを付け加えました。

 
数時間ごとにベアの様子をうかがうサラさん。

寂しくないように、ぬいぐるみのお友だちをそばに置いてあげました。

 
体温を保つために保育器に入れられた彼は…

その名前に恥じない強い生きる意志を持っており、旺盛な食欲を見せてくれたそう。

 
ミルクを手に持っているとすぐに気がつき、深夜にもかかわらず大騒ぎするのだとか。

 
お腹がいっぱいになった後は、いかにも満足した様子でゴロゴロとのどを鳴らします。

関連:『固結びされた袋』の中から救われて…。ずぶ濡れの子猫は「大変身」を遂げた

たくましく育って

保護されてから数日…

子猫の体重は順調に増え、すくすくと安定した成長を続けています。

 
もしもあの時救助されずにいたら、いま頃は生きていなかったかもしれません。

これからも優しい人々に囲まれて、たくましく育っていってくれることを願います。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ