大学のキャンパスに、ふらりと現れた独りぼっちの子猫。家に連れて帰ると…勉強を応援してくれる心強いパートナーとなった!

ある日、大学のキャンパスで友人と勉強をしていたルーカスさんの前に、1匹の子猫が現れました。

とても喉が渇いているようだったので、ボトルキャップでお水をあげたんです。

 
満足するまでお水を飲むと、今度はお礼を言うように宿題のプリントの上に横になり…

毛づくろいを始めます。

 
その姿に一目惚れしたルーカスさんは、子猫をエバと名付け、帰りに近くの病院へと連れて行きました。

ベストパートナー

幸い健康上の問題は見つからず、耳掃除とワクチンを打ってもらっただけで、ルーカスさんと一緒に帰宅することができたエバ。

 
すぐに室内に慣れ、トイレも教えることなく使えたのだとか。

初めの2週間くらいは、真夜中に撫でて欲しいと起こされていました(笑)

 
そして、勉強の時間になると…

ルーカスさんのところへ走り寄り、喉を鳴らして応援してくれるのだとか。

プリントの上に横になるのが大好きで、たまにメモを盗んでしまうんですが…(笑)

勉強のパートナーとして、私が徹夜で勉強する時には、いつもそばにいてくれます。

関連:不幸な事故から生還した子猫。大きくなろうと「一生懸命に食べる」あまり…!?

家族の中心に

2年後、ルーカスさんの傍らには…

変わらず勉強のお手伝いをする、エバの姿がありました。

エバは本当に特別な猫。

みんなが彼女の元へ集まるので、家族がとても親密になったんです。

 
独りぼっちだった子猫も、今では家族の中心。

これからも大好きなパパとともに、幸せな日々を過ごしていくことでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ