多くの休職経験者と話して浮かび上がった、『心のSOSサイン』とは?

F太@ひらめきメモの中の人 (@fta7)さんが投稿した、「心のSOSサイン」を巡る呟きに注目が集まっています。

 
ふいの異変は、精神が限界を迎えている証拠…。

これは覚えておかなければならないお話です。

仕事よりも命

そのような状態で、かろうじて職場に通ったとしても…

 
最終的に、自分の身を守れるのは自分。

だからこそ万が一の際、働く皆さんにはどうか恐れることなく、可能な限り「最良の決断」を下してほしいですね。

関連:尊敬していた上司が突然の異動。その結果、驚くべきことが起こった!

みんなの反応

●私は諸々の症状に耐えて仕事を続け、最終的にベッドで1年間ほぼ寝たきりになりました。ちゃんと、ヤバイことに気づいてね!

●私はバス通勤でしたが、職場が近くなるにつれて過呼吸や痺れが出るようになって、最終的には職場で過呼吸でダウンしました

●出勤前・中に急に涙が出て止まらなくなったけどヤバイってことにも気づかなかった…。しんどかったなぁ

●全部当てはまった結果、転職を重ねて回復に16年かかりましたが、何とか社会復帰してます。症状が出たら皆さん、本当にお早めに

 
大切な呼びかけに、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ