気分の沈みが激しく、家事ができない。それを主治医に相談したら…!

今こっち (@gororin_dararin)さんは先日、お世話になっている主治医の先生から、「素敵なアドバイス」を貰いました。

 
『堂々としてていい』

そう断言してくれる方がそばにいるだけで、肩の力が抜けますね。

いちばん大事なもの

家族の立場で考えてみても、愛する誰かに「身を削る尽力」を心から望むはずがありません。

 
誰かを大切にしたいのならば、まずは自分を大切にすること。

この認識は、決して忘れずにいたいものです。

関連:『めちゃしみた』 産後の母を癒やした「ナースの何気ない一言」とは

みんなの反応

●うちの息子は料理人目指してたけど冷食のクオリティの高さに感激して「食品開発するわ!」と調理師学校行くのやめて進路変え大学の食品科学科に通っています。冷食もお惣菜もOKだと思います

●突然、失礼します。私も体調が悪く冷凍食品を出した時に息子達に謝ったら長男(小4)に「冷凍食品って食べる為に有るんだから、これは手抜きじゃなくて時短で主婦の知恵ってやつだよ」って言われて凄く救われた事が有ります。お惣菜も冷食も主婦の知恵なんですよ

●なんなら私は年末の大掃除に業者を使ったことがあります!お金で解決できるものはお金で解決すればいいんです。早く大掃除に手をつけなくちゃと罪悪感や居心地悪さで自分を責めるより、スッキリピカピカなお部屋で居心地よく暮らす方がメンタルに良いと感じました

●何事も、ほどほどに。自分で自分を傷つけたら可哀想。自分が1番の自分の味方であって、いたわってあげれる存在でないと。頑張り過ぎない、仕事し過ぎない、責め過ぎない

 
胸にしみるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ