2匹の親友を亡くした犬が、こっそりと家に子猫を連れ込んだ結果…!

タグ

犬のクロスビーは、仲良しだった猫との別れを経験した5ヶ月後…

今度は、子犬の頃から一緒に育ってきた大親友の犬を亡くしてしまいます。

 
傍から見る限りでは元気そうでも、やはり友達のいない生活は寂しかったのでしょう。

ある日、外出から戻った飼い主に…

思わぬ出来事が待ち受けていました。

バスルームに子猫

いつもは大喜びで出迎えてくれるクロスビーが、この日は一直線にバスルームへ案内しようとします。

そして、導かれるままについていくと…

なんと、バスタブの中に1匹の子猫がいたそう!

 

家には犬用ドアがついていますが、この子猫が入ってくるには地面から離れすぎています。

おそらく…

クロスビーが彼女を中に連れ込んだのでしょう。

 
偶然にも子猫は、6ヶ月前に看取った猫にそっくりだったのだとか。

すぐに近所の人々に聞いて回ったものの、飼い主は見つかりませんでした。

 
獣医に連れて行くと、マイクロチップも入っていないようです。

数日前に避妊手術をした跡があり、生後4ヶ月程度ということはわかりました。

 
獣医師から、「このまま保護施設に連れて行けば、今は空きがないので安楽死させられるだろう」と聞かされた男性は…

子猫を引き取り、家族の一員として迎え入れることを決めました。

関連:親友を失って落ち込んでいた犬。しかし…1匹の子猫が、彼の笑顔を取り戻した!

新しい家族

もちろん、新たな友達ができたクロスビーは大喜び!

一晩中、小さな子猫の横で過ごしたといいます。

 
運命的な出会いを果たした2匹は…

今日も一緒に、楽しい思い出を紡いでいることでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ