道の真ん中で丸くなっていた独りぼっちの子猫。優しい女性に保護されると、その瞬間から「肩乗りニャンコ」となった!

米バージニア州の祖父母の家へ向かう途中だったステイシーさんは、道の真ん中で丸くなっている子猫を発見しました。

車を停めて保護するやいなや、彼は肩に登ってきて、首に鼻を擦りつけてきたと言います。

一度も私を拒んだり、怖がったりしませんでした。

 
近所の人々に子猫のことを聞いて回ったものの、飼い主は見つかりません。

そのとき、すでに5匹のペットと生活していたステイシーさんでしたが…

まだ小さく病弱な彼のことを放っておくことができず、家へと連れ帰ることにしました。

特等席

パンプキンと名付けられた子猫は、お風呂で体を綺麗にしてもらい、ご飯をいっぱい食べると…

また肩に登ってきて、喉を鳴らしながら寝てしまったそうです。

 
病院に連れて行くと、生後8週程度とのこと。

 
適切な治療を受けて、数日後には家の中を探索できるほど元気になりました。

 
以来、遊び疲れるたびにやっぱりステイシーさんの肩の上へと戻ってくるパンプキン。

 
あまりの甘えん坊っぷりに、仕事に行くのが難しくなることもあったのだとか(笑)

彼は本当にずっと一緒にいたがるんです。

&nbsop;
2人の間には、次第に強い絆が生まれていきました。

関連:嵐が近づくなか…1匹の子猫が、勤務中の警官に駆けよった結果?

新しい家族

そして保護されて2週間後、早くも彼の飼い主が決まりました。

それはなんと



ステイシーさんのおじいちゃんとおばあちゃん!

あの日彼を見つけて、家族になることができてとても幸せです。

これからもいつでも会いに行けます。

 
もっとも信頼できる家族を見つけてもらったパンプキンは…

これからもたくさんの人々に見守られて、すくすくと成長していくことでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ