なかなか大きくなれない子猫。でも、その「身軽さ」をフル活用して…

タグ

野良猫だったウィドルが救助された時…

生後6週間だった彼の身体は、同年代の他の猫と比べて、とても小さかったといいます。

 
動物病院で看護師として働いていたジェシーさんが、一緒にいた妹猫も含め、2匹を里親として引き取りました。

お気に入りの場所

暖かいものにくっつくのが大好きだったというウィドル。

ジェシーさんに抱き抱えられると、そのまま肩に登って、身体をすり寄せて甘えます。

 
身体は小さくとも、振る舞いは非常にエネルギッシュ。

反面、一人ぼっちが苦手で、ずっと鳴き続けては誰かの注意を惹こうとしていたのだとか。

里親として引き取ってから数ヶ月経っても、彼は全然大きくなりませんでした。

彼の妹や他の子猫たちは、すぐに十分成長して、ペットとして引き取られて行ったんですが…

なかなか育たないウィドルは、そのまま私の家での生活を続けたんです。

 
お昼寝の時間も、わざわざ人間の体によじ登り、くっついてからじゃないと眠れません。

ジェシーさんは、そんな寂しがり屋の彼を、ほとんど毎日職場へと連れて行きました。

彼は肩の上にいるのが本当に大好きみたいで、誰彼かまわずよじ登ってしまうんです。

そうしている間のウィドルは、本当にリラックスしていて、幸せそうで…

みんな、心をわしづかみにされてしまうんですよ。

関連:『犬のお母さん』と出会って…生きる気力を失くしていた子猫に、転機が訪れる!

小さいままでも

生後6ヵ月ほどを迎え、ようやく体重も1㎏の大台に!

彼は、人間でいうところの小人症に近い状態ですね。

どうやら成長ホルモンを分泌する機能に、ちょっと問題があるみたい。

 
そんなハンディも、本人としてはどこ吹く風で…

誰かの肩に登る際は、むしろ自身の身軽さをフルに生かしているようでもあります(*´∀`*)

リビングルームを歩くときは、いつも肩の上にウィドルがいます。

背が高くなったような心地がして、気分が良いんでしょうね。

 
甘えん坊な性格とちっちゃな体で、出会う人の心を次々と魅了する彼は…

これからも沢山の愛に包まれて、幸せに育っていくことでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ