噛み合わせが悪く、いつも怒っているように見える子猫。獣医に安楽死を勧められるも、決して諦めずに看病を続けた結果…!

12月の半ば、寒空の下で建物の陰に隠れるようにして暮らしていた3匹の子猫が発見されました。

保護活動を行っているジャクリーンさんは、その建物のマネージャーから連絡を受けて現場へと向かいます。

とても幼い子猫たちでした。

2つの建物に挟まれた細い路地の隙間を、縫うように走っていましたね。

 
ジャクリーンさんは、捕獲用の罠を設置し…

中のご飯に釣られてやってきた子猫たちを、無事保護することに成功しました。

生死の境

しかし、残念ながら子猫たちは既にかなり衰弱しており、3匹のうちの1匹は懸命の看病も実らず、その日の夜に亡くなってしまいます。

 
さらに生き残った2匹の内、ウルフィと名づけられた「怒り顔」の男の子は、姉のフォクシーと比べても身体のサイズが半分ほどしかない上…

 
保護されてから日が経つにつれ、どんどんと体調を崩していきました。

 
そのうちご飯を食べようともしなくなり、激しい息切れに加え、呼吸が停まってしまうことも。

 
原因を調べるべく彼をレントゲンにかけてみたところ、なんと食道が完全に塞がってしまっていることが判明します。

 
ジャクリーンさんはいくつかの動物病院にウルフィを連れて行きましたが…

獣医たちには、安楽死を強く勧められました。

「彼を救いたいのは分かるが、そうするべきだ」と。

 
彼女はその申し出を拒否。

どのような病気かも分からないまま小さな命を投げ出すことなど、できるはずがありませんでした。

 
やがて内視鏡検査を行い、食道に詰まっていた異物を発見・除去してもらったウルフィは…

数時間ののち、ようやく生気を取り戻したといいます。

しばらくは、子猫用のミルクなど、液体だけを与えるようにいわれました。

それから、食後は食べたものが逆流しないように、体を地面と垂直にして抱きかかえてあげるようにと。

 
CTスキャンの結果、彼は体重を増やして手術を受けさえすれば、回復できる状態であることもわかりました。

関連:母猫に高所から落とされてしまった子猫。下半身が動かなくなってしまったものの、パワフルな彼が止まることはなかった!

九死に一生

ジャクリーンさんの献身的な看病のおかげもあり、ウルフィは食欲を取り戻していきます。

 
順調な成長を見せるにつれ、遊ぶ気力もでてきました。

 
心優しい女性によって、九死に一生をえた子猫。

これからも、のびのびと幸せに暮らしていってくれることを祈ります。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ