母猫に高所から落とされてしまった子猫。下半身が動かなくなってしまったものの、パワフルな彼が止まることはなかった!

米ニュージャージー州の港近くの作業場に住み着いていた、野良猫の親子。

作業員たちは、母猫が子育てを続けられるように、ご飯を与えて時折様子を見ていたそうです。

 
そんなある日、男性が作業をしていると…

なんと母猫が、機械の上から子猫を落としてしまいました。

 
彼は急いで駆け寄り子猫を抱き上げましたが、ほとんど息をしていません。

子猫は、凍えているようでした。

10秒おきに息をしようと、口を開けたまま苦しそうにあえいでいたんです。

 
発見者の妻であるドーンさんは、車のヒーターをつけ、彼の体を擦って温めました。

もし彼が持ちこたえることができたら、必ず素晴らしい一生を与えてあげると約束したんです。

 
その時、子猫はまるで返事をするように、声を絞り出して鳴いたと言います。

小さなファイター

なんとか一命を取り留めた子猫は、ロッキーと名付けられました。

順調に元気を取り戻し、3日後にはついにハイハイが出来るまでに。

 
しかし、ほっと一息ついたのも束の間、おもわぬ事実が発覚します。

ロッキーの歩き方に違和感を覚えたドーンさんが、神経科へ連れて行くと…

落下により神経が傷ついてしまったため、下半身に感覚がなく、歩くことができないと告げられてしまったのです。

 
しかし、ドーンさんもロッキーも落ち込むことはありませんでした。

 
新しい車椅子を着けてもらうと、すぐに部屋中を走り回って遊びます。

 
深刻な障害も、パワフルな彼を止めることはできません!

 
そして、ガッツだけでなく暖かな心も兼ね備えているロッキーは…

人間に対しても他の預かり猫に対しても、愛情たっぷりに接します。

 
その様子は、まるで自分が貰った優しさを、周囲へも分け与えているようでした(*´∀`*)

関連:足が悪くても歩くことを諦めない子猫に、専用の車椅子を作ったら…!

頼れるお兄ちゃんに

ドーンさんは語ります。

何度生まれ変わっても、私はロッキーを選びます。

彼は一番必要な時に、私の人生にやってきてくれたんです。

 
どんな困難が訪れようと、決してくじけないロッキー。

その姿に、たくさんの人が勇気をもらったことでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ