凶暴だった捨て犬に優しさを教えた男性。その行動が、「ある奇跡」を起こした!


タグ

カリフォルニア州に住むエド・ガーノンさんに保護された捨て犬・レックス。

もともとは大変凶暴だったそうですが、ガーノンさんがたくさんの愛情をもって接していくうちに、どんどんと優しい性格に変わっていったといいます。

 
そんなある日のこと。

ガーノンさんと散歩していたレックスが、一匹のハチドリを見つけます。

 
どうやらハチドリはアリに襲われたようで、全く動かず、すでに息絶えてしまった様子…。

可哀そうに思いつつ、ガーノンさんは、そのまま通り過ぎようとしました。

運命の出会い

 
しかし、なぜかレックスがハチドリの身体のそばで立ち止まり、その場を離れようとしません。

 
そこでガーノンさんは、もう一度ハチドリをよく観察してみました。

すると、本当にわずかではありましたが…

彼女はまだ、息をしていたのです!

 
ガーノンさんは、連れて帰ったハチドリをハマーと名付け、レックスと共に一生懸命看病しました。

 
その甲斐あって、救出から1年後…

ハマーは無事に回復!

 
元気に飛び回れるようになったハチドリの姿を見て、ガーノンさんは自然に帰してやろうと、カゴの蓋をあけます。



 
その日から…

 
ハマーはどこへもいかず、レックスの周りを飛び回るようになったそうです(笑)!

関連:雪の中、店の軒先で寒さをしのぐ犬。そこに1人の男性が来て…泣いた

命の連鎖

 

私が救ったレックスがハマーを救い、今度はそのハマーが、私たちみんなを笑顔にしてくれている。

そのことに、奇跡を感じます。

 
彼らの仲良しぶりを、ぜひ動画でもご覧ください(*´∀`*)

 
種族を超えて紡がれた優しさ。

自分の危機を救ってくれたレックスに対し、ハマーはかけがえのない絆を見出したのでしょう。

素敵なエピソードに、ホッコリさせていただきました!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ