『買った唐揚げを弁当に入れないで』 ゴネる長女に理由を聞くと…

鞠 ようこ(ライター) (@mar_cat14)さんが投稿した、「お弁当」を巡る7歳の娘さんとのエピソードに注目が集まっています。

 
『その方が心がこもってるから』

どこかで聞いて来た言葉を口にしてみただけかもしれませんが…鞠さんが心配になる気持ちもわかります。

手作りの呪縛

いつの日か娘さんが親になったとき、この固定観念は、かならずや彼女自身を苦しめることでしょう。

 
だからこそ…

 
手作りの料理であっても、冷凍食品であっても、「我が子を想って用意した事実」に変わりはない。

それを伝えてあげることこそが、真の愛情ですね。

関連:夏場のキャンプに参加する息子。『お弁当がいる』と言われ、母が取った行動は?

みんなの反応

●全て手作りでも、全て冷食でも、お弁当を作る母の気持ちは、「これでもか!」というほど、こもっています。全て手作りでなければ! という呪縛は不要だと、私は思っています

●「今日のお弁当のアレおいしかった!」「えっどれ?どれ?卵焼き?」「チュルチュル」「あぁ〜冷凍パスタね」頑張らなくて良いということです。うちの息子は良い旦那になると思う

●冷凍食品は食品会社の人が試行錯誤して心を込めて開発されてまして、心を込めて製造され品質管理されてまして、心を込めて小売業の方が販売されてまして、そしてそれに対する対価を心を込めてお支払して購入しています

●母は冷凍食品を一切使わず、私と弟のお弁当を14年間毎日作り続けていました。それが当たり前と。運動会のお弁当を作ると話すと「あなた疲れてるんだからおにぎりだけ握れば?唐揚げはチンすれば良いのよ、金のなんちゃらって美味しいんですってよ」と。母には勝てない

 
深く考えさせられる一幕に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ