肉球を火傷して動けずにいた怖がりな子猫。しかし、「抱っこしてもらう喜び」を知ってから…世界が180度変わった!?

ある日のこと。

米カリフォルニア州パーリアに暮らす女性が、キッチンカーの前でうずくまったまま動こうとしない子猫を発見しました。

 
よく観察したところ、どうやら肉球を火傷してしまっている様子。

キッチンカーのグリルがまだ熱いうちに、飛び乗ってしまったのかもしれません。

女性は彼女を、猫のための保護施設へと連れて行くことに決めました。

抱っこにやみつき

子猫はまだ生後2ヶ月ほど。

怖がりな性格である一方で、自分を保護してくれた人々に甘えようともしていました。

 
施設のハーヴィさんは語ります。

彼女は、火傷の痛みや、初めての環境への驚きで、ビクビクとしていました。

けれども、スタッフの手を舐めては、小さくのどを鳴らしていたんです。

 
ベルナデットと名付けられた子猫。

すぐに火傷を治療し、肉球に包帯を巻いてもらいました。

 
さらに、ケアを受ける中で彼女は『新たな楽しみ』を見つけます。

肉球に体重がかからないよう、たびたび抱っこしてあげてたら…

どうやらベルナデットは、それが気に入ったみたい。

そこで、彼女の傷が癒えるまでは、スタッフが交替で彼女を抱っこしてあげることになったんです。

 
抱かれている間中、ゴロゴロと喉を鳴らす音が止まらなくなってしまうんだとか。

以来、彼女は毎朝スタッフが迎えに来るのを、楽しみに待つようになったそうです。

 
あまりに抱っこをねだるので、動物のお世話担当のスタッフが忙しいときは、事務方のスタッフが「抱っこ役」に駆り出されるほど!

大きな人間の腕は、彼女にとって揺りかご同然に心地よいのか…

そのまま眠ってしまうこともあるといいます。

引っ込み思案な性格は変わりませんが、慣れてしまえばすぐに、誰にでも甘えだすんです。

本当に可愛らしい子なので、みんなで愛情を注ぎ続けました。

関連:寒空の下で震えていた3匹の子猫。弁護士でありながら凄腕の里親でもある女性のもとで、あっという間に元気を取り戻す!

次のステージへ

2ヶ月ほど経って、肉球の火傷も完治したベルナデット。

 
飼い猫として引き取ってくれる家も見つかり、無事に施設から巣立っていきました。

彼女はとても素敵な女の子です。

新しい家では、お姫様みたいに、存分に甘やかされて欲しいですね。

 
困難を乗り越えた子猫が、これからも幸せな生活を送れるよう、切に願っています(*´∀`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ