ボロボロだった子猫を保護。お風呂に入れ、ご飯をあげ、3ヶ月が経つと…「シンデレラ」のような変身を遂げた!!

カナダ・ケベック州に住むデイビー・ギャラントさんは、息子のトビーくんとともに車で家に向かっている途中、1匹の猫を見つけました。

 
辺りは家も数件しかなく、交通量もまばら。

骨と皮だけになるまで痩せてしまった子猫は、初めこそ道路沿いの背の高い草の間から顔を出し、じっと立ち尽くしていましたが…

彼らが様子を眺めているうちに駆け寄ってきて、撫でて欲しそうに甘えてきたそうです。

運命の出会い

実はこれまでにも、路頭に迷った犬や猫を助けてきた経験があったデイビーさん。

14年間一緒に暮らして亡くなった先代の猫も、もともとは同じ場所で発見した捨て猫でした。

 
自分たちを受け入れる子猫の姿に、デイビーさんとトビーくんは、家に連れて帰ることを決めます。

 
バーレイと名付けられた彼女は、よほど長い間まともな食事を取っていなかったのか、食べ物を上手に飲み込むことができません。

デイビーさんたちは、ごはんを水に濡らし軟らかくして、何とか飢え死にしないようにと懸命の看護を続けます。

 
温かいお風呂に入れてきれいに身体を洗い、それでも体にくっついていたノミは、1匹ずつピンセットで摘まみ取ってやりました。

 
何より…

食事や衛生面だけでなく、愛情にも飢えていたバーレイ。

 
どんなときでも誰かの膝の上に乗りたがり、1人になるのを嫌がります。

 
その仕草や体のサイズから、当初は3カ月ぐらいの赤ちゃん猫かと思われていたものの…

獣医に連れて行くと、歯の状態から少なくとも6~7カ月だということが判明。

 
デイビーさんは、バーレイがそれまで強いられてきた過酷な生活に思いを馳せながら語りました。

ずっと栄養失調だったんだ。

小さな子猫の大きさしかなかったから、本当に信じられなかった。

 
そして、出会いから3カ月





 
おおおお!!!(((゚Д゚;)))

 
誰の目から見ても弱りきっていたバーレイは…

 
驚くほど可憐で、毛並みの美しい猫へと成長していました!

シンデレラのよう

以前にもまして、パパもメロメロです。

僕たちはこの子のことが大好きなんだ。

本当に今まで見たことがないほど可愛らしい猫だよ!

 
まさに「シンデレラ」のような変身ぶり。

彼らを引き合わせた素晴らしい運命に、感謝せずにはいられませんね(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ