高所から落ちて気絶した男性。次に目を覚ましたとき、彼が見たのは…

アルゼンチン在住のジーザス・ヒューチェさんが、自宅前の木を剪定していたときのこと。

作業の途中、彼は誤って約2mほどの高さから落下し、コンクリートに頭を強打してしまいます。

 
そのまま気絶したヒューチェさんが、次に目を覚ますと…

彼の周りには、既に救急隊が到着していました。

 
そして、胸の上には



 
覆いかぶさるようにして自分にしがみつく、飼い犬・トニーの姿があったのです。

 
よほど心配だったのか、応急処置を施しているあいだ、彼はずっと飼い主の身体を抱きしめ続けていたそう。

 
徐々に意識を取り戻したヒューチェさんが「心配いらないよ」と頭をなでますが…

 
それでもトニーの不安はおさまらず、救急車の中にまで上ろうとしたといいます。

関連:消えた2匹の犬を追って、森の中へ。すると1匹が「古い貯水庫」の前で見つかり…

 
その後、幸いにもケガ自体は軽傷だったため、ヒューチェさんはすぐに退院。

間もなくして、2人は喜びの再会を果たしました。

通りで拾ったその日から、こいつに愛と食事を与え続けてきた。

オレにとってトニーは、息子みたいな存在なんだ。

 
固い絆を確かめあった彼らは、これからも「親子」として、幸せな日々を歩んでいくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ