独りで街をさまよっていた子猫は、保護されて…すっかり甘えん坊に!

カナダ・モントリオールの路上で拾われ、動物保護団体「Chatons Orphelins Montreal」に引き取られた生後3週の子猫。

 
自分のことを守ってくれると理解したのか…

スピロウと名付けられた彼女は人見知りをすることもなく、抱き上げられるなりすぐに喉を鳴らし始めたといいます。

甘やかされて

3日後、病院での治療を終えたスピロウは、里親になるダニエルさんの元へ。

迎えに来た彼女を鳴いて出迎え、準備万端と言わんばかりに腕の中に飛び込んだのだとか。

 
そして帰りの車内では、キャリーバッグに入ることを嫌がり、ずっと膝の上をキープ!

 
そのまま、そこが彼の定位置となりました。

 
やがて3週間が経つと…

体重は2倍に増え、ヤンチャぶりもますます加速していきます。

とっても愛くるしい子猫で、いつも構って欲しがって…

抱っこするまで、ずっと鳴いています。

関連:猛暑の屋外から救出された子猫。あまりの甘えん坊ぶりに、発見者は心を奪われ…

ますます甘えん坊に

6週を迎えたスピロウはミルクを卒業し、自分でご飯を食べる練習も始めました。

走り回って遊ぶのが大好きなんですが…

いつもで抱っこしてもらえるように、見えないところへは絶対に行かないんです。

 
独りぼっちの子猫から、すっかり甘えん坊へと変貌を遂げたスピロウ。

これからも愛情をたっぷり受けて、元気に育っていくよう心から願います。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ