足の指が1本多い子猫。その特徴は、やがて最高のチャームポイントに

カナダのモントリオールで、ひとりぼっちの子猫が発見されました。

生後7週間ほどで、前足の指が1本多い他、上気道感染症にもかかっているようです。

 
あいにく子猫を保護したボランティアグループには、彼のお世話をするほどの余裕がありません。

そこでスタッフたちは、地元の動物保護団体「Chatons Orphelins Montreal」に助けを求め、身元の引取を依頼しました。

障害を抱えていても

施設へと届けられ、マーフィーと名づけられた子猫。

 
小さくガリガリにやせ細った彼は、害虫駆除のために被毛をカットされ、適切な医療処置を受けました。

 
さらに、動物病院を数回受診した結果…

聴覚にも障害があることが明らかになります。

 
とはいえ、普段の振る舞いは他の子猫となんら変わりません。

里親ボランティアのアマンディーヌさんいわく…

マーフィーは人間も、猫も大好き。

なにより、遊ぶのが大好きみたいですね。

 
遊んでいないときには、鳴き声をあげて里親ファミリーに甘えます。

 
手厚い看護のおかげで、彼の体調は順調に回復していきました。

関連:後ろ足2本がない。それでも子猫は、『生きたい』という一心で幸せへと突き進む

ミトンのような手

やがて、目やにで塞がれていた目もすっかりきれいになり…

マーフィーは、見違えるほど美しい姿に大変身!

 
まるで大きいミトンをつけているような多指症の前足も、今となっては最高のチャームポイントです(*´∀`*)

 
優しい人たちの尽力で、平穏で幸せな日々を送れるようになった子猫は…

これからもその愛らしい性格とルックスで、周囲のハートを鷲掴みにしていくことでしょう!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ