人懐っこい子猫を、傷だらけで拾われた臆病な子猫に会わせた結果…?

米カリフォルニア州にて保護された子猫のチェスターは、ガリガリに痩せ細り、顎にはひどい怪我を負っていました。

 
しかし、そんな危機的状態にもかかわらず、彼は人間を警戒することなく、すぐに心を開いてくれたのだとか。

猫部屋に入った途端に、のどを鳴らして甘えてきたんです。

動物病院に連れて行っても、のどの音のせいで心音が聞き取れなかったくらいなんですよ。

 
その後、顎の大手術を終えたチェスターは、後遺症で口を閉じれなくなりました。

 
しかし、里親のメルさんによれば、「本人はあまり気にしていないみたい」とのこと。

部屋に入ると、かならず挨拶に来てくれるんです。

甘え好きで、とてもカワイイ子猫ですね。

運命の出会い

一方その頃…

同じ保護団体に、ビッティという子猫が運び込まれました。

 
全身傷だらけで保護された彼女は、チェスターとは対照的にひどく人間を怖がっていて、誰も近づけようとしません。

動物病院で治療を受けると、同じく里親のメルさんに引き取られることになりました。

 
2匹の性格はまったくの正反対。

陽気で人懐っこいチェスターは、当然ビッティにも寄り添おうと猛攻を繰り広げましたが…

怖がりで誰からも距離を置こうとする彼女は、それを許しません。

 
そんな関係に転機が訪れたのは、1週間後のことでした。

足指の怪我から入った細菌が原因で、ビッティが感染症を患ってしまったんです。

チェスターも一緒にケースに入れて、救急に連れて行きました。

 
幸いにも、数日間の入院を経て感染症が完治したため、ビッティを家に連れて帰ると…

帰宅したビッティは、チェスターと再会した途端、彼に猛ダッシュで駆け寄っていきました。

まるで「おかえり」と言うように、チェスターもそれを受け入れていましたね。

 
それからというもの、固い絆で結ばれた2匹は…

一緒に遊び、一緒に眠り、どんな時も傍を離れなくなりました。

 
チェスターがほんの数分でも見当たらないと、ビッティはいてもたってもいられず…

部屋中を走り回りながら、大声で呼ぶそう(*´艸`*)

関連:【運命】 好奇心MAXの子猫と、アウトドア好きな女性が巡り合ったら…

安心に包まれて

メルさんは語ります。

チェスターは生まれながらに愛情深い子猫なんです。

その心と身体は、ビッティのことをしっかりと包み込んでいます。

 
相性抜群の相棒を見つけることができた、チェスターとビッティ。

これからも2匹仲良く、幸せに暮らしていくことでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ