脳の障害によって歩くたびにフラつく子猫。その「個性」は、やがて幸運を招いた

カナダのオンタリオにある保護シェルター「Animal Services in Hamilton」に連れてこられた、1匹の小さな野良猫。

その姿を見て…保護シェルターのスタッフは、他の子と少し様子が違うことに気がつきます。

 
キャプテン・ジャックと名づけられた子猫は、直ちに獣医の診察を受けることになりました。

健康診断とレントゲン検査をした結果、身体的にはどこも悪いところは見つかりませんでしたが、小脳低形成と診断されました。

神経変性疾患のため、歩行とバランス感覚に問題が生じます。

しかし、猫の小脳低形成は、進行性のものでも、伝染性の病気でもありません。

ほかに健康上の問題がない限り、寿命だってふつうの猫と一緒です。

「フラフラの猫ちゃん」

キャプテン・ジャックは、その愛くるしい仕草も相まって…

シェルター内のスタッフやボランティアたちを虜にしていきました。

小脳低形成の猫は、酔って千鳥足になった船乗りのような歩き方をします。

「フラフラの猫ちゃん」として、みんなから親しまれていますよ。

 
加えて、それだけでは飽き足らず…

訪問者を見かけるたび、首を傾げながら手招きをし、彼らをもメロメロにしてしまいます。

 
スタッフは、そんなキャプテン・ジャックの様子を動画撮影し、Facebookでシェアしました。

 
すると、またたく間に予想を大きく上回る数の「いいね!」が付いたのだとか。

 
彼には、見た人のハートを一瞬で射抜いてしまう魅力があるようです(*´∀`*)

関連:弱りきって息も絶え絶えな子猫。その命を救ったのは、『ベテランパパ』だった!

「港」を見つけた船長

そして、嬉しいことに…

この投稿をきっかけに、とある家族からぜひキャプテン・ジャックを家族に迎え入れたいと申し出が寄せられたそう!

本当に可愛い子猫です。

彼の抱える障害が、彼自身をいっそう特別な存在にしているんですね。

 
ようやく素敵な港に落ち着くことが出来た、キュートな船長。

どうかこれからも、幸せいっぱいの日々を送れるよう祈っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ