生後すぐに母親と別れた子猫を、先輩犬たちに引き合わせた結果…?

フロリダ出身のベスさんはFacebookを通じて、とある「里親募集」の告知を見つけました。

「母親がいない生後1日の子猫を、誰か世話してほしい」

 
興味がわき、翌朝さっそく彼を迎えに行きます。

目は開いていないし、へその緒がまだ体に巻き付いたままだったの。

でも、そんなことちっとも気にせずに動き回っていたわ。

先輩犬とご対面

ベスさんは子猫をミスター・タイニーパンツと名付け、自宅に連れ帰りました。

そして、新しい住人を3匹の先輩犬たちに紹介してみると…

 
みんな彼のことが気に入ったようです!

 
こうして温かく迎え入れられたタイニーパンツでしたが…

やはり、まだ寂しくなるときもあるようで、鳴きながらママを探すこともしばしば。

 
そんな様子を見たベスさんは、決意したのだとか。

これから素晴らしい人生を歩めるように…

なんだってしてあげるつもりです。

 
数週間を経て子猫は少し大きくなり…

それと同時に、家族の絆もますます強くなっていきました。

関連:生まれつき「悲しそうな顔」の猫。その愛らしさが、笑顔の結末を呼び込んだ!

家族に包まれて

先輩犬たちに抱きしめられるたび、幸せそうにのどをゴロゴロと鳴らすというタイニーパンツ。

優しい家族と出会って、ひとりぼっちだった子猫の人生は大きく変わりました。

 
もう、寂しさを感じることはありません。

みんなから愛情をたっぷり注がれて、これからも幸せいっぱいの暮らしが続くよう祈っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ