過労死した友人の通夜。残された娘の一言に、思わず言葉を失った

それはハノイ (@Hanoi_nightmare)さんが、とあるご友人のお通夜に参列したときのことでした



 
その場にいた誰もが…

叫びだしたくなるような悲しみを、必死で押し殺したことでしょう。

『仕事の仕方を考える』

幼く純粋な娘さんに、パパの死の経緯が飲み込めるはずもありません。

 
命を賭けて働くのは、誰のためか。

ご友人の冥福を祈るだけでなく…現代に生きる我々は、このお話から多くのことを学ぶ必要があります。

関連:『人間の尊厳まで失う』 非正規の社員が父を亡くした結果…絶句した

みんなの反応

●自分にも娘が居ます。自分が風邪を引いただけで泣いちゃう可愛い娘。だからこそ本当に辛すぎるお話。少し貧しくてもいいから、少しだけでも娘のために生きたいと思いました

●仕事に自分の人生を奪われたくない…と思ってしまいました。残されたご家族の事を考えると胸が張り裂ける思いです

●事故死した友人の葬式に行った時に、彼の長男(4~5歳)が沢山人がいて楽しいなーと言ったのが忘れられません。まだ、父が死んだと分かってないんですよね。何が何でも死ぬもんかと思いました

●仕事とは生きるためにするべきものであって、死ぬ為に仕事をする様な世の中であっては決してならない

 
胸がえぐられる一幕に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ