安楽死を望まれた母猫は、獣医に助けられ…子猫との再会を果たす!

米インディアナ州の動物シェルターに運び込まれた生後2週目の子猫たち。

 
彼らは預かりボランティアのバーブさんに引き取られ、24時間体制のケアを受けます。

 
一方で…

彼らを出産した母猫のチチは、ひどい飼育環境のせいで、体調を崩していました。

チチは、麻痺を引き起こす血栓に苦しんでいたようです。

それで当時の飼い主は、安楽死を望んでいました。

絶対に助けたい

どうしてもチチを見捨てられなかった獣医とスタッフは、治療の続行を決断。

すると、少しずつ改善の兆しが見え始め…

5日後、彼女は遂に家族との再会を果たすことができたのです。

彼女はすぐに子猫の毛繕いを始めました。

母乳はあまり出ていないようだったので、足りない分はミルクで補っています。

同時に、母乳の出が良くなるようなケアも始めました。

 
チチとバーブさんは二人三脚で子猫の面倒を見ます。

頼れるママたちの存在は、子猫たちに安心とさらなる成長をもたらしました。

 
しかし…

しばらくすると、チチは子供たちから距離を置くようになってしまいます。

 
おそらく育児のストレスによる疲れが出てしまったのでしょう。

加えて彼女は、脱水症状を起こし、猫風邪をひき始めていました。

 
さらには母乳も出なくなってしまったため…

チチには子育てから卒業してもらい、病院でゆっくりと治療を受けさせることに。

彼女は死の淵から回復し、4匹の可愛い子猫を育て上げました。

次は新しい家族の元で、たっぷり愛されて過ごす番です。

関連:闘病の末、安楽死が決まった警察犬。「最後のセレモニー」で撮られた1枚に涙

すくすく育つ子猫たち

お母さんから元気をもらった4匹の子猫たちは、ますますヤンチャに育ちました。

 
きっとチチも、立派になった我が子の姿を誇らしく思っていることでしょう。

懸命に命をつないだ親子には、どうかこれからも幸せな日々を過ごしてほしいですね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ