飼い主に見放された猫。その人生は…優しい人々の尽力で、ガラリと変わった!

タグ

飼い主に見放され、これまで適切な医療ケアを受けてこなかった猫・ザラ。

ウェストバージニアの「Itty Bitty Kitty Committee」に保護された彼女は、ただちに獣医のもとへ連れて行かれます。

 
MRI検査を受けたところ、どうやら呼吸器に問題があるとのこと。

そして、オハイオ州立大学のメディカルセンターで、より詳しく調べた結果…

 
ザラは先天性の形態異常を抱えていることが明らかになります。

障害があっても

左目は発達しておらず、左側の鼻腔もまったくない他、左右の脳も非対称の状態だったそう。

 
ただし本人は、そうした重い障害を気にかけてもいないかのように…

いつもフレンドリーで穏やかな振る舞いを見せていました。

 
スタッフのケイシーさんいわく…

たいていの猫は、新しいお家に着くと安全な場所を探して隠れてしまいます。

でも、ザラは違いました。

里親ファミリーの家に着くと、すぐにベッドの上に飛び乗り、寛ぎはじめたんです。

威嚇したり、引っ掻いたり、噛んだり、逃げ出したりすることなんてありませんでした。

それどころか、さっそく里親ファミリーに甘えはじめたんです。

 
里親ファミリーからたくさんの愛情を注がれ、ザラは心身ともにのびのびと成長していきました。

 
お友だちとゴロンと寝そべっているときが、彼女にとってなによりも幸せなひと時なんだとか!

関連:ずっと誰かにしがみついていた寂しがり屋の子猫。そんな彼にも「親友」ができて

幸せを掴むために

先日、ザラは健康チェックのために再び動物病院を訪れました。

甘えん坊ゆえ、獣医に抱きかかえられながら診察を受けます。

 
健康状態も良く、体重も増えていたので、2週間以内に外科手術が施される予定です。

優しい人たちのおかげで、明るい未来への切符を掴んだ彼女が…

近い将来ふさわしい「生涯のお家」を見つけ、いつまでも幸せに暮らせることを願ってやみません。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ