大切な赤ちゃんを病気で失った母猫。残りの子猫たちから片時も離れようとせず…

タグ

米カリフォルニア州の保護施設に、ひどく痩せ細った猫の親子が連れてこられました。

 
彼らはいずれも、深刻な感染症を患っており…

施設の人々の懸命な看病も実らず、子猫のうち1匹は、動物病院へと向かう車の中で息を引き取ってしまいます。

母の献身

まだ2歳という若さで母猫となったエマ。

 
彼女は、子どもたちを守ろうとする気持ちがとても強かったそう。

けっして生き残った子猫たちの傍を離れず、四六時中、休まずにお世話をし続けていたといいます。

 
里親の元へと引き取られていっても、その気質は変わらないようで…

私たちが子猫のお世話をするときも、じっと見つめて、視線を離さないんです。

母性の強い、すばらしい母親だと思いますね。

 
そんな献身的な母親のもとで、3匹の子猫は着実に成長していきました。

マリアンヌは、ちょっと短気なところがありますね。

ビングリーとウィロビーは、おっちょこちょいな子です。

みんな、とてもかわいいんですよ。

 
エマが里親の方に心を許すまでにも、それほど時間はかからなかったようで…

 
いつしか助けてくれたことへの感謝を示すように、顔を擦りつけて甘えるようになったんだとか。

関連:6匹の子どもを産んだ母猫は…あふれる愛で、さらに「2匹の孤児」を受け入れた!

子離れの時

子猫が成長するにつれて、エマの過保護ぶりも少しずつ落ち着いていき…

救助から3週間がたった頃には、我が子を離れた場所でじっと見守る姿も目撃され始めました。

彼女はまるで、私に何かを伝えようとしているみたいでした。

もしかしたら、今後はもっと子猫のお世話を任せる、という意思表示だったのかも。

 
その後、健康を取り戻した親子は「生涯の家」を探すため、ロサンゼルスの保護団体へと引き取られていきました。

彼らの今後に、たくさんの幸せが待ち受けていることを祈るばかりです。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
 
こちらもオススメ