『きっと助からない』と獣医に言われた子猫。それでも諦めず、看病を続けたら…

タグ

米アイダホ州在住のアナリースさんは、自宅の近くで、生まれたばかりの2匹の赤ちゃん猫を発見しました。

のちに母猫が見つかるも、どうやら彼女には育てる気が全くないようで…

子どもたちはみるみると弱っていき、そのうち1匹はまもなく息を引き取ってしまったといいます。

 
アナリースさんは、生き残った子猫とその母親を助けるため、地元の動物保護団体へと連れて行きました。

隠れていたもう1匹

さらに…

家に帰ってきたアナリースさんは、ふたたび子猫の鳴き声を耳にします。

最初は気のせいだと思っていたんですけど、なかなか鳴き止まなくて。

それで探したら、3匹目の子猫を見つけたんです。

彼女の見た目は、亡くなったはずの子猫と瓜二つでした。

 
小屋の床下に隠れていたという子猫は、顔中ほこりだらけ。

どうやら器官にまで土埃が入ってしまっているようで、ぜえぜえと喘ぎながら、苦しそうに咳をしていたんだそう。

 
動物病院や保護施設は既に閉まっている時間帯。

そこで、アナリースさんは自力で彼女を助けようと決心します。

 
ジェマと名付けられた子猫は酷く痩せ細っており、かろうじて生き延びているような状態…。

何とか栄養を与えようと、アナリースさんは近所の農家からヤギのミルクを分けてもらい、スポイトを使って彼女に飲ませてあげました。

 
そうして徹夜の看病を続けていたアナリースさんのもとに…

翌朝、残念な知らせが届きます。

どうやらシェルターに連れて行った子猫も、必死の看病の甲斐なく、この世を去ってしまったそう。

 
母猫からは見捨てられ、兄弟姉妹も失い、天涯孤独の身となってしまったジェマ。

アナリースさんは、彼女を引き取って育ててあげることに決めました。

獣医の先生からは、「きっと助からないだろう」と言われていました。

「苦しまずに死なせてあげるか、それとも僅かな希望に賭けるか、どちらかです」と。

私は、彼女が生き残る方に賭けました。

 
瀕死の子猫を救うためには、今まで以上に根気強い看病が必要です。

アナリースさんはアルバイトも休み、すべての時間をジェマのために費やしました。

話を聞きつけたお姉ちゃんも、休みを返上して駆けつけてくれたんです。

最初の2週間は、12時間ごとに交代で、ジェマの世話を見続けました。

ご飯をあげたり、身体を綺麗にしてあげたり、寝かしつけてあげたり……もう、クタクタでしたね。

呼吸が止まってしまったことも、酷い色の排便をしたことも、脱水症状を起こしかけたこともありました。

そのたびに、「このまま死んでしまうのではないか」と、とても怖かったのを覚えています。

けれど、一ヵ月経つ頃にはかなり回復して、普通の子猫と同じように振る舞えるようになったんですよ。

関連:パイプの中から出られなくなった子猫。小さな命を救うため地域の人々が動いた!

生き延びた子猫

そして…

獣医の先生すらも諦めるほどの瀕死の状態から、ジェマは奇跡の生還を果たしました。

 
一度健康を取り戻してからは、その後の回復も早かったとのこと。

元気になった彼女は、すぐに家の中を探検したり、他の猫たちと遊ぶようになったといいます。

ジェマの日々の成長には、本当に驚かされるばかりです。

最初に出会った頃は、目もほとんど見えていなかったのに、今ではすっかり遊び好きで活発な子になってしまいました。

看病を手伝ってくれた姉や両親には、とても感謝しています。

彼らがいなければ、救ってあげることは出来なかったかもしれないので…。

 
一家の想いに応え、亡くなってしまった兄弟たちの分も生きなければ…

ジェマ自身も、そんな責任を感じていたのかもしれません。

ジェマという名前は、双子を意味するジェミニ(Gemini)から取ったんです。

他の子を助けてあげられなかったのは、とても残念ですが…

それでもこれからは、彼女に降りかかるどんな困難も、一緒に乗り越えていこうと思っています。

 
彼女のこれからが、健やかで幸せな日々であることを、心から祈るばかりです。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
 
こちらもオススメ