足の不自由な子猫は、『キュートな牙』と『生きる意思』で人々を魅了した!

タグ

ニューヨークのとある家の裏庭で足の不自由な子猫が見つかり、動物レスキュー団体のスタッフが、ただちに救助へ向かいました。

 
最初は事故にでもあったのかと思われましたが…

獣医の診察を受けた結果、彼は「先天性の形態異常」を抱えていることが判明します。

素晴らしい適応力

スペックと名づけられた子猫はその後、動物保護団体「Fuzzy Butt Rescue And TNR」のもとに無期限で預けられることが決まりました。

 
ボランティアのディナさんは語ります。

彼の写真をみたとき、ひと目で恋に落ちてしまいました。

はじめて施設にやってきた日のことを、いまでも覚えています。

好奇心が強い彼は、麻痺していない後ろ足を上手に動かして、あちらこちらと探検したんです。

ルームメイトの猫たちとも打ち解け、すぐに新しい環境に順応できました。

 
生後6週間にしては小柄ながらも、スタッフたちの愛情を一身に受け、スペックはすくすく成長していきました。

障害なんてなんのその、子猫らしいやんちゃっぷりを存分に発揮します。

 
施設では、筋力を強化するための水中リハビリや、ウェイトトレーニングを実施。

訓練の結果、歩行器を自在に操ることもできるようになりました。

 
大きくなるにつれ、かわいらしい牙がにょっきりと口元からのぞくように。

 
素敵なチャームポイントのおかげで、ますますキュートになりましたね!

スペックはとってもコミュニケーション上手なんです。

トイレに行きたいときや、おやつがほしいときには、鳴いて知らせるか、わたしたちの注意を引くために足でトントンと合図するの。

彼のお願いなら、なんだって聞いてあげちゃうわ。

嫌っていうほど甘やかして、世界で一番幸せな子猫にしてあげたいです。

関連:家の中で、飼ってないはずの子猫の鳴き声がする。そして、くまなく探したら?

強い意思で

日常生活を送るにはお手伝いが必要で、外見もふつうの猫とは異なるスペック。

 
それでも…

生きる意志がすごく強いの。

自分の状況をありのまま受け止めて、一生懸命に生きているわ。

 
彼はこれからも、優しいスタッフやルームメイトの猫たちに囲まれながら、幸せな日々を送ることでしょう!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
 
こちらもオススメ