『こんなことまで』 子育て雑誌の「ある注意書き」に、悲しい現実を見た…!

日本農園 (@nihonnouen)さんが、育児雑誌を読んでいたときのこと。

とある「注意書き」に、思わず頭を抱えてしまいました…。

 
なるほど…!(;∀;)

難しい問題

悲しいですが…

そうした親御さんが、少なからずいるということですね。

 
居心地の良い環境は皆で作るもの。

この事実を決して忘れてはなりません。

関連:『子どもの謝る機会を奪うな』 とある店主の「切実な訴え」に考えさせられる

みんなの反応

●パパママが読む子育て雑誌にすらこんなこと書かれちゃう現状、凄まじいなと思いますね。子連れ子なし関係なくマナーを守れない人が増えていて、かつ少子化のお陰で昔より子の価値を高く認識する人が増えたためでしょうか

●子どもに対する指導レベルの話を親にしなきゃいけないのか… 結局は親の更にその親がこういう話をしてあげなかった結果に他ならない

●店側が同じような注意書きをすると「子連れに優しくない! 」「何様! 」と言われてしまうので、(子育てに寄り添う側の)雑誌側で注意喚起するしかないと分かっているのだと思います

●子連れOK=子どもの面倒見ないで放置してもOK! と勘違いしてる少数の親のせいでこういう配慮がいるんでしょうね

 
深く考えさせられるお話に、ほかのユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ