パイプの中から出られなくなった子猫。小さな命を救うため地域の人々が動いた!

ある日の早朝、アメリカ・テキサス州に住むヒューさんはどこからか聞こえてくる猫の鳴き声に気がつきます。

確認しに行くと…

ケーブルを通すパイプの中に、そこから出られなくなってしまった様子の子猫がいました。

 
以前にも同じ場所から猫を助け出したことがあるヒューさんですが、今回はどれだけ頑張っても助け出すことはできません。

そこで、地元の保護団体Mid-Cities Community Catsに連絡した結果、消防署にも協力してもらえることになりました。

懸命な救出劇

駆けつけた消防士さん達と、必死の救出活動が始まります。

アパートの管理人もカメラを使って手助けをしてくれましたが、子猫のいる場所までは届きませんでした。

 
それでもなんとか必要な道具を借り集め…

 
ようやく無事に子猫を救出することに成功!

消防士さんから、地域のボランティア、そしてアパートの管理会社のスタッフまで…

本当にチームワークの賜物でした。

 
もう猫が入らないように、パイプの入り口は閉じられることに。

助け出された子猫はマンディーと名付けられ、施設での治療が始まります。

 
これでホッと一息…というわけにはいきません。

彼らは休むまもなく、どこかにいるであろう「残りの兄弟猫と母猫」の保護に向かいます。

関連:心優しい女性とセラピー犬が、2人3脚で里親活動を開始。するとたった1年で…!

家族との再会

しばらくして、別のケーブル収納箱の中で無事に兄弟を発見。

 
やがて母猫も保護され、家族は再会を果たすことができました。

 
もし、あのまま見逃されていたら…子猫の命は危うかったに違いありません。

救助に尽力した人々に、改めて大きな拍手を送ります!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ