『猫の親子を助けて』 通報先に向かうと、スタッフを見た母猫が逃げてしまい…

ある日、アニマル・レスキュー団体「Hope For Paws」に、1件の救助要請が入ります。

なんでも、「道路脇の側溝に野良の母猫と子猫が数匹いる」とのこと。

スタッフが急いで現場に駆けつけてみると…

 
人間の姿を確認した母猫が、側溝から怒りながら飛び出し、我が子を残していずこともなく走り去ってしまいました。

 
その後もなんとか彼女を保護しようとしましたが…

努力の甲斐もむなしく、時間だけが過ぎていきます。

子猫の救出へ

母猫の救出はいったん中止し、残された子猫たちを先に保護しようと、マンホールから下に降りてみることに。

 
逃げられてしまわないよう、3つに分かれている側溝をすべて封鎖し、準備万端で救出作戦に挑みます。

 
そして、3人のスタッフたちが子猫たちを探しに降りたところ…

なんとも不安げな子猫5匹が、排水溝の隅で身を寄せ合っていました。

 
怖がらせてしまわないよう、ゆっくりと近づいて腕を伸ばし、一匹ずつ保護していきます。

 
さらに、逃げてしまった彼らのママをおびき寄せるため、スタッフたちは「おとり作戦」を決行。

子猫たちが入ったキャリーバッグを排水溝に置き、周りにエサをまいて誘導しようと試みます。

 
しかし、緊張からか静かな子猫たちに代わって彼らの鳴き声を録音し、流してみたりもしたものの…

 
残念ながら、母猫の救助活動は失敗に終わってしまったといいます。

関連:脳の障害によって歩くたびにフラつく子猫。その「個性」は、やがて幸運を招いた

住民たちのケア

そうこうしているうちに、子猫たちは、すっかりお腹を空かせてしまったようです。

 
子猫たちを救出した現場近くには、猫用のエサや水のほか、ベッドや小屋まで用意されていました。

付近の住民が、野良猫たちに屋外の「住み家」を提供していたのでしょう。

おかげでみんな毛並みが良く、栄養状態も良好です。

 
数週間後、5匹の子猫たちは里親のもとに預けられました。

幼くして母と離れてしまったのは非常に残念でしたが…

愛ある人々の尽力によって救われた彼らが、これからも幸せに暮らしていけるよう願ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ